レーシックで失明をしてしまう可能性

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:22 9 20

ダイエットしようと考えたとき、
まず食事の量を制限しようとしますよね。

摂取するカロリーを抑えると、
それまでに蓄積されたエネルギーが消費される事により
体重は一時的に減りますが、
同時に筋肉まで減ってしまいます。

筋肉というのは、
肉体の中でいちばんエネルギーを消費する部分なので、
その筋肉が減ってしまうと基礎代謝が落ちて、
脂肪が燃えにくく、痩せにくい肉体になってしまいます。

さらに、
肉体に入ってくるエネルギーが少なくなると、
肉体は飢餓状態になったと錯覚して、
入ってくる栄養分を肉体に溜め込もうとします。
それもまた、
脂肪を肉体にためやすくなる原因になるのです。

また、
ダイエットして体重は減っているのに、
体脂肪が落ちない…という現象もあります。

体脂肪を効率的に燃やすためには
食事内容の改善ももちろん大切ですが、
あわせて運動をすることが大切なんです。

食事制限だけのダイエットでは、
体重が落ちるのに比べて、体脂肪の減少は少なくなりがち…
しかも同時に筋肉も減少してしまいます。

これに対して運動を加えたダイエットは、
筋肉量を増やすので基礎代謝量もアップし、
体脂肪が燃えやすい肉体になるのです。

とは言え、
長年かけて肉体にため込んだ脂肪を燃焼させるのは
そう簡単ではありません。

ちなみに
脂肪1kgを燃やすには
約7000kcal消費する必要があると言われています。

例えば…
体重60kgの人が1時間ウォーキングして、
消費するエネルギーは約250kcalです。
それを一ヶ月毎日続けて、
やっと7000kcal消費という計算になります。

まさに継続は力なりですね。
短期間で結果を出そうとあせらずに、
ゆっくりダイエットに取り組みましょう!