レーシックの後遺症は一時的

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。



レーシックの後遺症は一時的ブログ:02 10 20

モデルさん達に利用者が多いということで人気が出た
「水飲み減量」って気になりますよね?

まず、水飲み減量の方法は、
1日に2リットル程度の水を飲むというものです。
1日2リットルというと、多く感じられるかもしれません。

でも、災害時のために用意する水の量は、
成人1人当たりで1日2リットルの水が必要と言われていますので、
それほど大変な量ではありませんよね。

ただし、1日に必要な量というのは
ご飯に使われている水も含まれています。
実際にはこれまでの生活より、
少し多く水を飲む必要があるという事になりますね。

水飲み減量の効果はどんなものかというと…

これまでジュースを飲んでいた人は、
当然、その分のカロリーが削減されますので、
減量効果に繋がりますね。

また、ご飯の前に水を飲むことで満腹感を早め、
ご飯量を減らすことでもカロリー摂取が抑えられます。

それに、
水分を多く摂取することで利尿作用が高まり、便秘解消にも効果的です。

さらに、積極的な水分摂取により新陳代謝が高まります。
そして、脂肪燃焼効果が期待できます。
このように、現実的に
減量効果が期待できるとされているのです。

ミネラルを多く含んだ硬水を
水飲み減量に使用すると、一層効果が増すでしょう。

特に減量中には、ミネラルが不足しがちになります。
ミネラルウォーターでミネラルを補給すれば一石二鳥ですね。

当然ですが、
いくら水飲み減量が効果的だからといっても、
まとめて一気に飲めば良いというものではありません。

水中毒など、命の危険もありますから気をつけましょうね!