レーシックの後遺症は一時的

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。



レーシックの後遺症は一時的ブログ:12 8 20

赤ちゃんの味覚はまっさらな状態なので、
何を食べても食材はわかりません。

でも、
おいしいものはクチをあけてどんどん食べます。
なので
赤ちゃんには
いろいろなおいしいものを食べさせるべきなんですよね。

おいしい味覚をたくさん覚えれば、
それだけ好き嫌いもなく育っていくだろうし、
お母さんが作る「家庭」の味がしっかりしていれば、
それだけ、
お子様は食に対して豊かな人間になっていくと思うんです。
家庭の料理って連日食べるものですからね。

でも
お子様には
何が何でもお母さんの手作り料理を…
という必要はないと思います。

レトルト食品、お母さんの手作り料理、レストランの料理…
それぞれを食べ分けられるように、
いろいろなものを食べていいわけです。

いろいろな料理を偏らずに食べさせてあげる…
そこから味覚が育ち、
大人になって好き嫌いの少ない豊かな人になれると思います。

そう考えると、
学校の給食ってすごいですよね。
一ヶ月の献立を栄養士さんが考えて、
ダブらないようにいろいろな料理が出てくる…

もし苦手なものがでてきても、
周りのお子様がおいしそうに食べていたら、
それにつられて一クチ食べ、おいしさに気づくこともある…

家庭でも同じように、
お子様の苦手なものでも、
料理として食卓に出してもよいと思います。

両親がそれをおいしそうに食べれば、
お子様が興味を持って食べるかもしれません。
お母さんが苦手な食べ物も、
時々食卓にのせるよう努力しましょう!

ご飯中も黙って食べるのではなく、
「これおいしいね」なんて会話をしながら、
楽しんでご飯をすることも大事!

「食」に関心を持つことが
「食」の豊かさにつながるんですよね。