手術中に痛みを感じることはほぼ無い

レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。
レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。

硝子体 手術
硝子体 手術ナビ
http://www.otsukiganka.com/shoushi/



手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:06 8 20

わたしは高校を卒業後、美容学校に行くために実家を出ました。
それからは実家に戻っていませんから、
すでに人生の半分以上を大阪駅で過ごしていることになります。

美容学校時代ゴールデンウィークや夏休みになるたびに、
帰省を楽しみにするクラスメイト達の心情を、
あたくしは複雑な思いで見ていました。

あたくしは実家に帰りたくなかったから…です。

しぶしぶ帰っても、故郷は何も変わらずにそこにありました。
ただ、家族が何か違っていました。

駅まで迎えに来てくれたおとうとは、
トンネルに入る前の料金所にいるおじさんに通行券をもらいながら
「どうもありがとう」と言いました。
昔は挨拶すら苦手なシャイなおとうとだったのに、
その言葉がとても自然だったこと。

夕方食で焼肉を食べに行ったら、
父親がみんなの分の肉を焼き始めました。
「昔は、こんなことする人じゃなかったのに」と、
あたくしは眺めているのに、継母やおとうとは
あたり前のように受け入れていること。

父親に対してグチを言わなかった継母が、
「一緒にでかけたりしてくれないから本当につまらないのよね」
とあたくしに笑いながら言った会話。

かつてなかったことが、あったのです。
ごく普通にあたり前のように…

父母の離婚、その後の父親の再婚が受け入れられずに出た家ですが、
あたくしが出た後も長い年月を経て、
父親・継母・おとうとは、
家族というものを形成し直して来たのでしょう。

家族である姿がそこにはありました。

「あたくしがいると、この家はうまくいかない」
18歳のあたくしはそう思いましたが、
「家族になること」を嫌い避けてきたのは、あたくしだったのです。

あたくしは故郷と共に自分の存在を消してきたのです。