手術中に痛みを感じることはほぼ無い

レーシックの手術は人の手を使って実施されるものですので、まだ十分な経験と知識のない医師はいます。
そんな時には、失敗して痛みが出てしまうという可能性はあります。

 

そもそもレーシックというのは、角膜の厚みが十分にある人にしか適用されることの無い手術方法となっています。
なのでレーシックで痛みが生じることはほとんど無いと言えるでしょう。
レーシックの手術をするに当たり、多くの方が気にしていることと言えば、手術中に痛みがあるかどうかということです。
レーシックでは目の角膜の部分を手術で治療していくことになりますので、やはり痛みというのは気にしてしまうものです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。

硝子体 手術
硝子体 手術ナビ
http://www.otsukiganka.com/shoushi/



手術中に痛みを感じることはほぼ無いブログ:25 4 21

育児をしている時は、
息子が何かしてきたら、
大袈裟に褒めるということが非常に大事!
通常の褒め方では駄目なのである。

息子は自分の親が大喜びしているのが解ると、
脳の限界を取り払って、
脳のシナプスを一気に増やすことができるのである。

気をつけるべきは、
夫婦のどちらかが親馬鹿になってしまい、
夫婦の一方が白けてしまいチャチャを入れること。

これは夫婦としては正常の反応であっても、
育児においては非常に有害なのだ。

夫婦のどちらかが親馬鹿になっているのなら、
自分も一緒になって親馬鹿になってしまうくらいの
心意気が必要なのである。

都市部で暮らしていると、都会の刺激が強いために、
どうしても白けてる人々が大量に出てきてしまう。

妻が親馬鹿になっても、夫がツッコミを入れて来るし、
夫が親馬鹿になると、妻がツッコミを入れて来て、
親馬鹿になる機会を失ってしまう…

そうすると
息子は脳のシナプスを増やすことができず、
頭が悪くなってしまうのだ。

息子は誕生から6歳までの間、
日々、必ず何かしら仕出かして来るのだから、
夫婦が交互に何かを見つけて、大袈裟に褒めてしまえばいい。

大袈裟に褒めれば褒めるほど
息子の脳のシナプスが増えるのだから、
非常に頭の良い息子に育ち、その後の子育てが非常に楽になるのである。

とは言え、
夫婦はいつも元気一杯でいられるわけがない。

妻は育児疲労で疲れ切ってしまうこともあるし、
夫は勤続疲労で疲れ切ってしまう時もある。

なので、
妻が疲れていたら、妻を休ませて、
その間、夫が息子に対して親馬鹿になっていればいい。

夫が疲れていたら、夫を休ませ、
その間、妻が息子に対して親馬鹿になっていればいいのだ。